Home > 病院のご案内 > 部署のご紹介

病院のご案内:部署のご紹介

各部署紹介
医局 看護部 医療支援部 薬剤部
検査部 栄養部 事務部

医局

現在の医局の構成は、名誉院長、院長以下、副院長を含めて、各年代に2名〜4名ずつと年齢構成の厚みを増しています。専門分野も精神病理から神経生理、小児から老年精神医学、漢方から行動療法まで多岐にわたります。院内の諸委員会のほか、塩竈医師会理事、看護学校講師、保健所相談、清楽苑、多賀城苑、あすなろなどの施設や多賀城市役所、利府町役場などの精神衛生管理と診療にも力を注いで多忙な日々を送っています。


看護部

看護部の理念「患者さまの人権尊重と専門職として質の高い看護の実践」

看護部の目標
  • 患者さまのニーズに応じた効果的な看護を実践する。
  • 医療チームの一員として、他部門と連携し患者さまの自立に向けた医療・看護を提供する。
  • 安全・安楽な療養環境の確保に努める。
  • 専門職として、プロ意識を持ち自己研鑽に努める。
  • 季節感を取り入れた行事を実施する。
  • より良い接遇を身につけ、笑顔の対応を忘れない。

医療安全を考慮しながら、患者さまにこの病院に来て良かった、入院して安心したと感じていただけるような看護を心がけ日々努力しています。
他職種や地域との総合的な関わりで社会復帰につながり、さらに就労支援までの継続的な看護を目指しています。生活技能訓練(SST)では退院を目指すグループや嚥下リハビリが必要なグループなど、目的やテーマに沿ったグループ分けをして自立に向けた訓練をしています。退院後は訪問看護やデイ・ケアにつながる一助となる看護の実践を心がけています。
病棟の看護体制は15:1基準の看護を展開しています。受け持ち制とチーム別・機能別看護の混合型を取り入れて、全ての患者さまに看護の目を向けるようにしています。

1病棟

男性の閉鎖病棟で、一般室52床と隔離室4室の計56床の一般治療病棟です。

看護の取り組み姿勢・看護目標
  • プライマリーケアと機能別看護を実践しています。
  • 患者さまの病状に応じた棟外活動(OT・SST・嚥下リハ・院外農耕作業・レクリェーション・病棟行事への参加)を実践しています。
  • 新入院患者さまの多職種チームカンファレンスやケア会議を開催しています。
  • 質の高い看護の提供に努めます。

2病棟

女性のみ55床の閉鎖病棟です。急性期の一般病棟が個室6室含む38床です。高齢者病床が22床あります。在宅や施設での生活が困難な患者さまを治療・看護・介護しています。

看護の取り組み姿勢・看護目標
  • 受容的な姿勢と人格の尊重を常に念頭に置いた看護を心がけます。
  • 事故防止に留意した看護・環境整備を心がけます。
  • 患者さまに対し、適切な治療と適切な看護を致します。
  • 老人を理解し、尊厳といたわりの心を忘れず、愛情を持って接します。
  • 質の高い看護の実勢のために継続的学習に努めます。

3病棟

男女混合閉鎖の一般治療病棟です。ベッド数47床。内科合併症の集中治療・看護の出来る観察室が4室(9床)あります。

看護の取り組み姿勢・看護目標
  • 精神科の基礎疾患を持ちながら内科的治療を必要とする患者さまは、酸素・吸引設備のある観察室で、観察・看護をしています。
  • 安心・安全を心がけた看護を実践しています。
  • 早期社会復帰を目標に看護援助をしています。

4病棟

平成19年7月に開設したベッド数60床の男女混合一般治療病棟です。広くて開放的な環境で安心して療養していただけます。

看護の取り組み姿勢・看護目標
  • 認知症を含む高齢の患者さまにはペースを合わせた看護・介護をします。
  • 受け持ち制の看護で個別対応に心がけます。
  • コメディカルの医療スタッフと連携して、社会復帰を援助します。
  • 長期入院患者さまの安心・安楽な療養環境を提供します。

5病棟

平成19年7月1日開設の57床の開放療養病棟です。病棟内は居室が広く中央にデイルームがあり、病棟全体がゆったりした明るい環境です。社会的入院患者さまの地域移行推進を目標に、他職種と連携したチーム医療を実践し退院支援している病棟です。

看護の取り組み姿勢・看護目標
  • 自宅への退院が困難な患者さまが多いため、グループホームや共同住宅での自立生活のための指導をしています。
  • OTやSST・院外作業・レクリェーションの必要性と継続的参加を指導しています。
  • 入院患者さまは出来るだけ開放的処遇に努め、他科受診や外出・散策など自由にできるようにします。
  • 患者さまとの信頼関係を築き、安心・安全・事故のない療養環境づくりに努力します。
  • 看護スタッフも学んだ知識・技術をもとにさらに自己研鑽を積み、精神障害者を理解し質の高い看護を目指します。

外来

一般外来だけでなく、うつ病・双極性障害、てんかん、漢方、禁煙等の外来を行っております。
平成18年7月よりコンピュータによるオーダリングシステムが導入され、院外処方になり待ち時間が短縮されました。また予約外来や新患担当医などが加わり、さらに待ち時間が短縮されました。それに伴い新患者さまの診療時間は増えています。
最近の外来患者さまの主訴の多くは、“不眠”“イライラ”“不安”“気持ちが落ち着かない”などで、激しい陽性症状のある患者さまは減少しているように感じます。現在の高齢化社会を反映してか認知症の患者さまの入院希望が増えています。


SST(社会生活技能訓練)

服薬・症状の自己管理のほかに、主に対人状況に関する“ものの見方”や“行動の取り方”をメンバーとスタッフが共に考えながら練習しており、少しずつ「自信や思いやりが持てるようになった」「人と話が出来、笑えるようになった」と言うメンバーの声が増えてきました。スタッフもそんなメンバーから学ぶことが多くあり、ともに前進中です。
平成20年8月から高齢化に伴う嚥下機能低下に着目し、嚥下SSTを開始しました。口は食べる機能のほかに“話す”“笑う”という大切な役割があります。嚥下リハビリによって、コミュニケーションの回復も図れるような方向へ援助しています。また、平成21年7月から退院SSTもスタートし、再発予防を目的とした服薬・症状自己管理を中心に学習しています。このように今後も様々な角度からのアプローチを工夫し、生きる力・喜びにつながる様なSSTを目指していきたいと考えています。


緑ヶ丘病院緑ヶ丘病院について
病院のご案内
外来のご案内
病院のご案内
お見舞いの方へ
ご相談窓口
診療科のご案内
アクセス
施設のご案内(フロアマップ)
トピックス

神経科デイ・ケア、ナイト・ケア、デイ・ナイト・ケア
福祉サービス事業
訪問看護

菅野愛生会の取り組み
個人情報・患者権利
医療安全
各委員会
菅野愛生会の病院・施設のご案内
医療法人菅野愛生会 古川緑ヶ丘病院
こころのクリニック みどりの風
病院のご案内
採用情報