Home > 緑ヶ丘病院について

緑ヶ丘病院について

挨拶


理事長・院長
菅野喜與

緑一色の丘の上に25床で始まった小さな病院が、30年経った平成の初めに、現在の本館が新築落成し病棟の一部と共に、検査部門に新たにCTを備えるなど診療部門の充実を図りました。その後、今日までの20年の間に、エコー、CT及び脳波計の更新などを行い、平成18年には2つの療養病棟、体育館さくらホールを新築いたし今日に至っておりますが、50周年になる今年はグループホーム、共同住宅を建てて長期入院の方の社会復帰に備えております。
この半世紀の間に、精神科医療に関しては徐々に改善が行われ、2006年(平成18年)には障害者自立支援法が施行され、身体障害、知的障害、そして精神障害が同列に対象となり市民権を得たわけで、社会復帰に向けて行政が取り組みを始めました。

私共は開設以来、常により良い精神科医療と療養環境を目指して、信頼され安らぎのある病院である為に、各部門の職員の方々と志を一つにし努力いたして参りました。50年の節目に当たり、共に歩んできた職員の皆様に改めて感謝を深くいたし、さらにこれからも一層の協力をお願い申し上げます。


(平成22年1月)

理念

緑ヶ丘病院は、患者様の人権を尊重し、地域社会のために良質の医療を追求し、皆様に信頼される病院を目指します。


基本方針

  1. 私たちは、患者様、ご家族の立場に立ち、常に心 のこもったサービスを提供いたします 。
  2. 私たちは、病院職員としての責務を自覚し、常に 研鑽に努め、良質な医療・看護・福祉を提供いたします。
  3. 私たちは、日常の五心を旨とし、常に緑ヶ丘病院 職員として誇りを持って職務に精励いたします。

日常の五心


 


緑ヶ丘病院緑ヶ丘病院について
病院のご案内
外来のご案内
病院のご案内
お見舞いの方へ
ご相談窓口
診療科のご案内
アクセス
施設のご案内(フロアマップ)
トピックス

神経科デイ・ケア、ナイト・ケア、デイ・ナイト・ケア
福祉サービス事業
訪問看護

菅野愛生会の取り組み
個人情報・患者権利
医療安全
各委員会
菅野愛生会の病院・施設のご案内
医療法人菅野愛生会 古川緑ヶ丘病院
こころのクリニック みどりの風
病院のご案内
採用情報